子どもの発達科学研究所では、子どもの学びの発達に関係する問題を研究しています

講師紹介

和久田 学(わくた まなぶ)

和久田 学(わくた まなぶ) 公益社団法人 子どもの発達科学研究所 主席研究員
小児発達学博士
大阪大学大学院 連合小児発達学研究科 特任講師

特別支援学校教諭として20年以上現場で勤め、その後科学的根拠のある支援方法や、発達障がい、問題行動に関する研究をするために連合大学院で学び、小児発達学の博士学位を取得。
専門領域は子どもの問題行動(いじめや不登校・暴力行為)の予防・介入支援に関するプログラム・支援者トレーニングなど。
また、教育現場での経験と科学的根拠を融合させた教材開発、各種プログラム開発なども行っている。

講師からのメッセージ

私自身、子ども時代、「もっと勉強しなさい」「もっと集中しなさい」など、勉強に関して様々なことを言われました。今も、多くの保護者、教師の関心事は、いわゆる「勉強」のことです。
そうした中、本講座では、いわゆる学校の勉強のことだけでなく、子どもの「学び」全体に目を向け、その支援の方法について、脳科学をはじめとする最先端の研究成果をもとに説明することにしました。
子どもたちの学びは、幸せな未来につながります。子どもたちのより良い「学び」を守るために、本講座をご受講ください。

 

大須賀 優子(おおすか ゆうこ)

大須賀 優子(おおすか ゆうこ) 公益社団法人 子どもの発達科学研究所 主任研究員


小学校および特別支援学校で教職を勤め、その間、特別支援学級担任を計15回受け持つ。
20年以上の教育現場での経験はもちろん、母親としての経験を生かした、あたたかな教え方には定評があり、発達障がい、特別支援、子育てについての知識は幅広い。
今までの現場経験を生かし更なる研鑽を積むため、現在は大阪大学大学院連合小児発達学研究科博士課程で「いじめ予防と学校風土」の研究を行っている。

講師からのメッセージ

みなさん、子どもを育てるということは、本当に奥が深いですね。
様々な個性を持つ子どもたちがその子のよさを存分に伸ばしていくこと、なおかつ苦手なところも少しずつ楽しみながらカバーしてくことができたら、その子も周りの大人もとても幸せです。
この講座では、子どもの学びというものを、脳科学や心理学などの面から科学的にとらえ、子どもたちがよりよく学ぶために、私たち大人がどうサポートしていけばよいのかを一緒に考えます。
子どもの学習を支えたいと願っているみなさんが、正しく具体的な実践ができるようになることが本講座の目的です。是非、私たちと一緒に学んでみませんか?

 

小倉 敬(おぐら けい)

小倉 敬(おぐら けい) 学びの発達アテンダント認定講師
こころの発達アテンダント認定講師
長野県小学校・特別支援学校教諭
教育学修士
特別支援教育士

長野県の公立小学校、特別支援学校教諭として勤務。
また上田市で教育サークルを運営し、県内の教職員向けにより良い指導方法や学級経営のセミナーを開催したり、子ども向けに百人一首教室や百人一首大会の企画運営を行ったりしている。

講師からのメッセージ

どんな教え方をすれば良いのか迷うことはありませんか。経験や人の体験談を元にしているだけの方法では、経験則にありがちな罠に陥ってしまうかもしれません。
この講座で扱う科学的な知識を知ることで、子ども達が勉強に限らず様々な事ができるようになっていく仕組みや、脳の中では何が起きているのかがわかりやすくなるでしょう。子どもと接する全ての方に知っていただきたい内容です。ぜひ一緒に学んでいきましょう。

 

北條 千晴(ほうじょう ちはる)

学びの発達アテンダント認定講師
こころの発達アテンダント認定講師
医療法人双信会「柴田メンタルクリニック」「たてばやし心療クリニック」「リワークデイケアたてばやし」 訪問看護部長
保健師 精神保健福祉士 社会福祉士 認定心理士

行政保健師として母子・成人・精神保健を中心に26年間勤務。
平成24年4月から医療法人双信会に勤務。クリニックにおける訪問看護や個別相談、デイケアでの支援を担当。
発達障害や認知行動療法に関心が深く、常に学び続ける事を大切にしてクライアントと共に歩んでいる。

講師からのメッセージ

学びの発達アテンダント講座を受講し、「学び」には経験則でない科学的根拠による方法があることを知りました。
行動を脳機能から考える方法は、大人の方を対象にしている私自身の仕事にも、とても役立っています。
学校の先生、子どもに関わる方はもちろん、大人を対象にされている方にも、ぜひ参加して欲しい講座です。一緒に学んでいきましょう。

 

戸井 和彦(とい かずひこ)

学びの発達アテンダント認定講師
こころの発達アテンダント認定講師
聖カタリナ大学 短期大学部講師
愛媛大学客員研究員
元愛媛県公立小学校教諭

医師と共に「医教連携学習会」を主宰し、子育てや発達障がいなどをテーマに、教師、保育士、保護者、医療関係者などと学習やグループ討議などを継続している。
また、このほかにも、臨床心理士との学習会も継続して実施している。

講師からのメッセージ

小学校の現場で通常学級の担任として長年、多くの子どもたちに接してきました。
現在は、保育者養成校で幼稚園教諭や保育士を目指している学生を教えています。
主宰する科学教室などでも子どもたちと共に活動し、医療関係者や臨床心理士などの専門家との学習会を継続させています。
こういった日々の活動を通して、子どもの発達について様々なことがみえてきました。
子どもの発達や学びの支援について悩まれている方と、脳科学や行動科学の知見、そして何よりも子どもの事実に基づいて共に考えていきたいです。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 053-456-0575

PAGETOP
Copyright © (公社)子どもの発達科学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.